店長日記

なぜ人は歯を磨くのか

BLOG

ブログ


第十七回目 なぜ人は歯を磨くのか

歯と口は体への大事な入り口です。口の健康は体の健康に直結するそうで、歯並びや咬み合わせが悪いことでよく咬めず、胃や腸などの消化器官に負担がかかったり、顔や体全体を歪ませてしまったり、時には頭痛、腰痛、不眠を引き起こしたり。。。と日常生活を送る上で支障になる症状が起こることがあるそうです。

また、口内の病気「歯周病」になることで、心臓疾患、糖尿病、脳梗塞などの病気になるリスクが高まってしまうそうです。歯磨きをすることは社会的エチケットでもありますが、健康でいるためにも重要な役割だと言えます。口内細菌はしっかり歯を磨く人でも1000~2000億個ほど生息していると言われており、歯磨きを怠っている人の口内には6000億個~1兆個もの細菌が住みついていると言われ、それを聞くだけでもゾッとしますよね。

口臭、虫歯、歯周病などの原因はこの目に見えない細菌が引き起こしています。細菌の塊と言われる「プラーク」はブラシでしっかり磨かなければ落とすことができません。ですのでなるべく食べ物を食べた後は、細菌が繁殖する前にしっかり歯を磨き、少なくても朝、夜の歯磨きは時間をかけて丁寧に行ってくださいね。

ページトップへ