店長日記

免疫力について

BLOG

ブログ


第二十八回 免疫力について

健康のためには「免疫力を高めよう」とよく聞きますが、実は「免疫力が高い」=「健康」とは言えず、過剰に高まることはむしろ病気のようです。花粉症や自己免疫疾患など、先進国に増えている疾患はむしろ免疫力が高まりすぎているために起きているとのこと。。。

免疫とは、特定の異物に対する防御反応が強くなることで、私たちの体は同じ異質(抗原)が繰り返し体内に入ると抗原に対する防御反応が強くなる性質を持っています。感染症として悪さをする細菌やウイルスに対しては免疫が強い方が良いのですが、対して悪さをしない放っておいて良い異物に対しては、たとえ体内に入っても免疫が働かない方が良い場合もあります(ホコリや花粉など)

このような悪さをしない異物に対して強い免疫反応を起こすことをアレルギーと呼び、花粉症も花粉に対する異常な免疫反応が原因で起こっていると言われています。何事も「過敏」になりすぎになり過ぎるのは健康にも悪いということですので、あまり意識し過ぎず生活することも大事ですね♪

ページトップへ