店長日記

腸内菌の働きについて

BLOG

ブログ


第二回目は「腸内菌の働きについて」です。

腸内には1000種類ほどの細菌がおり、大きく分けると「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3グループに分けられるとお話しましたが、今回はその3種の細菌の働きについてお伝えできればと思います。

簡単に説明しますと「善玉菌」は身体に良い働きをしてくれる菌です。その逆で「悪玉菌」は病気の引き金となってしまい、「日和見菌」は腸内環境により善悪どちらにもなる菌です。

身体に良い働きをしてくれる善玉菌ですが、主に

・代謝をよくする
・免疫力をUPしてくれる
・腸のぜんどう運動を促進し、排便をスムーズにする
・発癌性物質の分解
・病原菌の活動を阻止し、感染症を防ぐ 

 など、私たちの健康に欠かせない働きをしてくれるのがわかります。

その逆で「悪玉菌」は細胞毒素や、発癌物質を産生し腸内の腐敗を進めさせてしまいます。便秘や下痢をひきおこしてしまうのも、腸内の腐敗が原因でもあると言われています。

日和見菌ですが普段は大人しい菌ですが、腸内環境の良し悪しによって善悪どちらにもなるのが特徴です。ですから、日和見菌を味方につけることにより、腸内環境がどんどん良くなると言われます。

健康な腸内バランスは善玉菌:悪玉菌:日和見菌の順で2:1:7と言われれいますが、普段からこのバランスを意識することは難しいかもしれません。ですから、善玉菌が喜ぶ食物繊維や日和見菌を味方につける酪酸菌を普段の生活から意識してとってみてはいかがでしょうか?

また、お肉、お酒、タバコは悪玉菌を増やす原因にもなりますので摂りすぎには注意しましよう。


ページトップへ